前へ
次へ

周りも含めて不動産売却を進める

不動産売却をおすすめするのは、建物が荒れ放題となる空き家です。不動産売却で買い手がつくのは、周辺の景観が良い建物や土地ですが、損ねる建物は不動産売却では不利になります。実際、奇抜な外壁塗装で不動産売却が長引き、万人受けする外壁塗装に塗り替えた後、不動産売却がスムーズに完了したケースもあります。また、不動産売却では不動産に目が向きがちですが、買い手はその近隣を知らないはずですから、住民との接点も調査するようです。いわゆる近所づきあいが上手くいっているかどうか、生活環境が荒れていれば候補から外れてしまいがちです。不動産売却ではこうしたマイナスポイントをひとつひとつ、クリアしていかなければなりません。不動産売却では、私有物ですが近隣住民から通報を受けることもあるでしょう。自治体によっては審査されてしまい、例えば、特定の空き家認定がされてしまうことにもなります。田舎なら、近隣に住宅もない可能性大ですが、閑静な住宅街なら、空き家は放置ができません。

Page Top